skip to Main Content

きめ細かい折衝の積み重ねが、商品の絶え間ない改良を支えています

瀬川 郁也
FUMIYA SEGAWA
品質保証部 第一品質保証課

きめ細かい折衝の積み重ねが、商品の絶え間ない改良を支えています

瀬川 郁也
FUMIYA SEGAWA
品質保証部 第一品質保証課

問題が起こらないことが品質保証部の成果。
わかりやすくスムーズな仕事を目指します

品質保証部は、自社製品をお届けするお客様(自動車メーカー)や部品を供給頂いているサプライヤー様と品質に関する取り交わしを円滑に行えるように活動する部署です。新製品立上げの際、お客様に対しては、試作、生産トライ、量産段階毎に製品の最新情報を報告し、各サプライヤー様に対しては、実際に出向いて工程や資料確認を行い、供給頂く部品に問題がないか事前確認を行います。量産開始後も製品には様々な改良が行われるので、その都度お客様やサプライヤー様と連絡を取り合い滞りなく製品をお届けできるようにフォローを行います。また、お客様やサプライヤー様に限らず、社内の様々な部署とも連絡を取り合い、必要書類の確認、スケジュール管理等行っています。

品質保証部は「問題が起こらないために活動する」部署なので、様々な問題点を事前に発見し、不具合の発生を事前に防止しています。

内部や外部、いろいろな人と関わって
モノをつくる仕事にやりがいを感じています

昔から車が好きで、自動車関係の仕事に携わりたいという気持ちがありました。そんな中、若いうちから様々な知識を身につけることができ、いろいろな経験をすることができるという東洋シートを見つけ入社を決めました。実際、配属後の早いうちから海外出張や資格試験など自分が望んでいたことを体験、経験することができています。また、品質保証部は学ぶ範囲が広く、外部や内部のいろいろな方と話しながら製品を作っていくという点で、一番自分の思い描いていた仕事に就いていると感じています。

入社前は工場ということで、厳格な方が多いのかと想像していましたが、実際には気さくな方が多くて、すぐに会社の人たちと打ち解けることができました。

Zoom Up Q&A
先輩に聞いた「仕事観」「プライベート」「就活アドバイス」など6つの質問
仕事の中で、達成感を感じるのはどんな時ですか?

新規車種の立ち上げプロジェクトの品質担当として今回初めて選任していただき、現在進行形ですが、今のところ特に問題なく円滑に進行できていることが達成感ですね。

仕事の中で特に気を付けていることは?

一つは自分の意思、意見を持って上司やお客様に報告を行うということですね。相手がきちんと納得するために、どの情報が本当に必要なのか自分なりに考えて行動するように心掛けています。もう一点は同じミスを自分や後輩が行わないように、自分の仕掛けた仕事の中で、困った際の対処法や役立った参考資料などを自発的にまとめています。

職場はどんな雰囲気ですか?

会議や書類づくりの多い職場ですが、割とメリハリがあるという感じはします。集中するときは集中して、それ以外ではざっくばらんに話すというか。部内で数ヵ月に1回、持ち回りで幹事を担当して遊びに行くというイベントもあって、自分もボウリングと飲み会の幹事をして、いろいろと勉強になりました。

オフタイムはどう過ごしていますか?

スポーツが好きなので、基本的に休日は昔から続けているソフトテニスをして過ごしていますね。クラブチームに所属していて、練習や試合が頻繁にあるので日々楽しく過ごしています。それ以外にも、冬はスノボに出かけたり、友だちに車好きが多いのでみんなでドライブに行くこともありますね。

東洋シートの誇りたいところは?

自分がやりたいと表明したことに挑戦させてくれるし、自由な雰囲気があるところですね。厳格な決まりを優先というよりも、意見を出して話し合って決めていくというか。あと、自分は(男子)寮に住んでいるんですが、安いですし、仲間もいるし、古い寮なんですけど、気に入っています。

東洋シートに合うのはどんな人だと思いますか?

自発的に様々なことに挑戦したいと考えている人には向いている会社だと思います。なんでも言いやすいし協力してくれますし。あとは、海外で活躍できる可能性があるので、海外勤務を目指している人は、ぜひそれを表明するといいのではないかと思います。

DATA
DATA

瀬川郁也(26歳)
2014年 新卒入社
崇城大学 工学部 機械工学科

Back To Top